INFORMATION / MEDIA

2019.10.01 (TUE)

Full Of Harmony”20周年を記念したトリビュートアルバム「ANOTHER VOICE」

豪華アーティスト達による“Full Of Harmony”20周年を記念したトリビュートアルバム「ANOTHER VOICE」の詳細発表!

Full Of Harmonyメジャー・デビュー20周年を記念したトリビュートアルバムに豪華14アーティストが参加!

日本のR&Bシーンを長らく牽引し続けた“Full Of Harmony”。
オリジナルアルバムと同日の11月6日(水)に発売されるこのアルバムには、Full Of Harmonyを敬愛する幅広い世代のアーティストが顔を揃えた。世代を超えたアーティスト達がそれぞれの彩りを添えて、このアルバムで温故知新を体現している。

<リリース情報>
​「ANOTHER VOICE–Full Of Harmony Tribute Album-」
2019年11月6日(水) リリース
FMCD-031 / 価格¥2,500(税抜)

[参加アーティスト(50音順)]

EXILE SHOKICHI & SWAY & 佐藤広大「SUPERSTAR」
JAY’ED「音色」
DOUBLE 「Love Song」
TEE 「Life Story」
Beverly「星降る夜は誰のため」
FREAK「涙の数だけ」
Ms.OOJA 「YOU & I」
向井太一「I Believe」
MAY’S「SNOW BALLAD」
LEO & CIMBA & Lugz&Jera「さよならが言えなくて」

<Full Of Harmony プロフィール>
1997年、HIRO,ARATA,YUTAKAの3人でFull Of Harmonyとしてグループ結成。1999年にF.O.Hとして「BABY」でインディーズ・デビュー。同年10月「BE ALRIGHT」でREWIND RECORDINGSよりメジャー・デビュー。当時珍しかった本格派R&Bを主体とし、Zeebra、RhymesterなどHIPHOPアーティストからフックアップされ、DOUBLE やDreams Come True吉田美和とコラボレーションするなどこれまでなかったスタイルで一躍話題になる。その後、Vincent Herbertのプロデュースでのレコーディングを皮切りに、NYではJoe’s Pubでのライブも行い、Ne-YoやTeddy Riley などの豪華プロデューサー陣との制作でも高い評価を得た。また、韓国映画「猟奇的な彼女」の日本語テーマ曲「I Believe 」は映画共にヒット作になり、映画「マッスルヒート」角川映画「戦国自衛隊1549」の主題歌「涙の数だけ」など、サウンドトラックも多く手がけた。近年ではジャパニーズ男性R&Bアーティストをフィーチャーした「SUGAR SHACK」を主宰、それぞれソロプロジェクトでも活躍の場を広げる中、今年2019年10月メジャーデビュー20周年に迎え、9枚目のオリジナルアルバムをリリース。全国5箇所ツアーを行う。

Official site http://foh.jp
facebook https://www.facebook.com/fullofharmonyofficial/
instagram https://www.instagram.com/fullofharmony_official/?hl=ja

PAGETOP